今日も自転車で行く?

breadcaff.exblog.jp ブログトップ

小指手術(推測:マレット病)

2月27日(火曜日)は、朝から病院でした。
2月26日(月)に再度レントゲンを撮り、診察してみたら
骨折した小指の骨が欠けて、指が真っすぐにならない状態だという。

担当医師M先生が、
『これは、、、手術しましょう!
 いつがいいですか? 
 明日は?
 じゃぁ、明日の午前中にしましょう』

迷う時間はほとんどなく、即決だったような。
以前、担当医師のことを、『割とすぐに行動するみたいなタイプ』と書いたのは、
こういうことがあったため。決めるの早いんやもん、1分もかからんかったと思う。
なんぼなんでも『手術』やもんな、そりゃぁちゅうちょしそうになったけど、そんな暇なかった。
すぐ決まった。
2月27日、針金(ワイヤーかな)を2本骨に入れて、指を真っすぐする手術で
局部麻酔で1時間程度の手術を行うことになりました。
b0149340_15263995.jpg
正式な名は教えてもらってないけど、
ググってみたところで、マレットフィンガーという病名と推測。

朝10時半、病院まで車で送ってもらい受付後、処置室へ。
朝ごはんは食べず、水を飲むのは7時までと言われてたので
指示通りに守ってることを伝え、処置室で手術着に着替えました。
血圧、脈拍、体温測定。
点滴をしながら、歩いてエレベーターに乗って手術室へ。
手術室に入る前の予備室みたいな部屋で、ビニールキャップを被り、
手術台へ。
手術室は音楽が流れてました。
確かポルノグラフィティやったと思う。

手術台に寝っ転がったら、左手に血圧を測る器具を取り付けられ、
頭もとに、医療ドラマで見るような血圧等が表示される液晶モニターがありました。
顔の上に棒が立てられ、布で右側が見えんように仕切られました。
左上には、手術の様子が映し出されてるモニター。

『ちくって、ちょっと痛いですよ!』
局部麻酔なんで、指に麻酔が掛けられました、4か所ぐらいかな。
しびれて来たなぁ・・・と思ったら、手術が始まりました。

ウィーン、ぐりぐりぐりぐり・・・
あのぉー、まだ完全に麻酔が効いてなく、痛い、
針金を通すために骨に穴を開けてるのが分かるけど、痛いんですけど。
痛くて仕方がないってほどでないんで我慢ですわ。
そのうち麻酔が効いて来たけど、今度は二人の整形外科医の会話が耳に入ってくる。

『うわー、骨、ちっちゃ!」
『ちっちゃいわー』
『うわー、ちっちゃ!!」

ちっちゃい骨になんぎしてるようで、手を右に回したり、左に回したり、
ぐわ~と左に手を回されて、痛いんですけど・・・
我慢や、我慢。
コンコンコンと
針金が入ってる様子は、モニターでチェックできるんで、
怖いもの見たさで、チラチラ。
30分ぐらいかな、無事終了。

その後、左手に点滴をしたまま処置室に戻ってから、点滴を外してくれました。
服を着替えて、術後気をつけることなど聞いて、本日終了。

『痛み止めの飲み薬と、よっぽど痛かったら座薬の痛み止めも出しとくから』

夕方ごろから、ズキンズキン。
耐えられない痛さではないけど、痛み止めを飲むと収まった。
翌日も耐えられない痛みではないけど、朝晩と痛み止め。
私は痛みに強いのか、
それともM先生の腕がよかったので、痛みが少ないのか?
分からんけど、思ったほど痛くなくてよかった。

ほんで手術をしたら、週3度、消毒に通って下さいと言われたけど、
消毒だけなら近所の整形外科でもいいですか?と、
近所の整形外科を紹介してもらうことにしました。
でも週に1度は見せて下さいと、毎週金曜日だけは、
手術をしたM先生の病院に行くことになりました。

手の痛みは軽かったけど、
この後、心の痛み(保険)が待っていたのでした。
つづく


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


.

[PR]
by bread-gardenclub | 2018-03-02 20:53 | 事故 骨性マレット | Comments(0)
line

訪問ありがとう~♪  更新の励みにさせてもらっています。穏やかな瀬戸内海に面した温暖な香川県在住。スペシャライズド:シラスと、二代目ロードバイク:ウィリエールトリエスティーナ ルナカーボンで走っています。どうぞよろしくお願いします


by あえ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31